心霊スポット百選では、日本全国の心霊スポット、怖い話、都市伝説、幽霊物件などの情報を集めています

2010年7月

華厳の滝





所在地情報


華厳の滝(けごんのたき)は、栃木県日光市にある滝。


概要


男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

中段部分からは十二滝と呼ばれる伏流水が流れ落ち、直下型の華厳滝と相まって優れた景観を作りだしている。観光客向けの華厳滝エレベーターが設置されていて、エレベータで降りた観瀑台からは滝壷を間近に見ることができる。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%8E%B3%E6%BB%9D


心霊情報


華厳滝は自殺の名所としても知られる。 明治36年(1903年)5月22日、まだ18歳だった一高生の藤村操がこの滝の近くにある樫の木を削り、「巖頭之感(がんとうのかん)」と題する遺書を残して投身自殺した。その後彼に影響を受けた自殺が相次いだため自殺の名所という評判が立ってしまった。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/kegonnotaki.html


http://www.chance2.ne.jp/kyoufu-pc/legend/l-05.htm

華厳の滝 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

華厳の滝 関連動画

 






中禅寺湖





所在地情報


中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある湖。日本の湖沼では25番目の面積規模を有する。


概要


2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島がある。


出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%8E%B3%E6%BB%9D


心霊情報


日光市街から、国道120号を西(中禅寺湖方面)へ行く。 中禅寺湖の先が戦場が原。 日光周辺は、心霊写真がよく写る事で有名。この戦場が原も心霊写真のスポットで、夜になると人魂も出るらしい。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.geocities.jp/tcmatsumura/photo5.html


http://utunomiya-gio.hp.infoseek.co.jp/shinrei.html

中禅寺湖 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

中禅寺湖 関連動画

 






須花トンネル





所在地情報


須花トンネル(すばなトンネル)は栃木県足利市名草中町と栃木県佐野市下彦間町を結ぶ栃木県道208号飛駒足利線に位置するトンネルである。


概要


須花トンネルは3つあり、完成した時代から昭和・大正・明治トンネル。もしくは、新・旧・旧々トンネルと呼ばれる。(本項中は前者に準拠) 開通以前は足利市方面と佐野市方面の交通は須花峠越えしか無く、付近の住民はトンネル掘削を決定した。上彦間村長田島茂平が下彦間村・足利町にも援助を求め、本トンネルは完成し、地域の発展に大きく貢献した。その後順次大正トンネル、昭和トンネルが完成し、それに伴い以前のトンネルは旧道となり、封鎖された。昭和トンネルは現役。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E8%8A%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB


心霊情報


他と比べ噂が少なく、明治トンネルには老人の、大正トンネルは女性と子供の霊が現れるとの噂があるのみ(他の噂もあるがこの説の派生)。昭和トンネルにはこういう噂はあまり聞かれない。

明治・大正トンネルは現在封鎖されているが、明治トンネルは比較的低い木の柵があるのみ(立入禁止なので侵入すれば住居侵入罪に触れる)。一方、大正トンネルは金網で入口を厳重に塞いでいる。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.roji-ura.com/reports/subana.html


http://ghost.s20.xrea.com/famous/suhana.html

須花トンネル 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

須花トンネル 関連動画

 






世界無名戦士の墓





所在地情報


世界無名戦士之墓(せかいむめいせんしのはか)は埼玉県入間郡越生町の大観山の頂上にある第二次世界大戦で戦死した「無名戦士の墓」も兼ねる兵士の慰霊塔である。


概要


元埼玉県議会副議長、長谷部秀邦を中心に建設運動が起こり、1953年に完成し、264人の戦死した無名戦士の墓として遺骨が納められている。さらに世界60余か国の251万の戦死した兵士の英霊を安置している1。現在の千鳥ケ淵戦没者墓苑に該当する施設とするべく誘致運動もあった。広報や施設の管理などは特例民法法人「世界無名戦士之墓顕彰会」が担い埼玉県によって所管される。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E5%90%8D%E6%88%A6%E5%A3%AB%E4%B9%8B%E5%A2%93


心霊情報


第2次世界大戦で戦死した遺骨が土に埋もれていることを悼んで建てられた墓なのだが、そのせいか兵隊の霊の目撃談や、行進するかの様な足音の報告例、そしてとある少年がここで自殺したのを境に、霊現象が起きたと言う話も聞かれ始める。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.roji-ura.com/reports/mumei.html


http://www.roji-ura.com/mobile/spot/saitama/mumei.php

世界無名戦士の墓 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

世界無名戦士の墓  関連動画

 






畑トンネル





所在地情報


畑トンネル(はたトンネル)は、東京都道・埼玉県道28号青梅飯能線の飯能市大河原・下畑付近の旧道にあるトンネル。


概要


19世紀の末、飯能と青梅との経済発展のため、1897年に当時の飯能町長・南高麗村長が、当時の埼玉県知事に県道の補助道建設を依頼した。その後一時は日露戦争の影響で実現できなかったが、1908年に飯能青梅道として着工され、岩をくりぬいた煉瓦巻のトンネルとしては埼玉県初、当時の金額で3万8697円21銭の経費で1910年3月31日に完成した。その後県道として使われ続けたが、1987年12月24日、新道が完成した事により、このトンネルの道は市道となった。その後も市道として使われ続けたが、1998年及び1999年の大雨で土砂崩れがあり、そのため旧道の両端がバリケードにより封鎖され、車が通行するのは不可能となった。そのため通行道路としての義務を果たせなくなり、心霊マニアしか訪れないようになった。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%91%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB


心霊情報


<人面犬>
交通事故により死んでしまった男性の顔の、一緒に死んでしまった犬が夜に出てくると言う話。人面犬の発祥地が畑トンネルと言う説もあるが可能性は低いと思われる。



<四つん這い婆さん>

交通事故により死んでしまったお婆さんが夜に出てきて、四つん這いでものすごい速さで追いかけてくると言う話。



<壁に浮き出た染み>

若い人たちが興味本位でやってきて、トンネルの壁を見たら、苦痛の表情を浮かべているような染みが無数にあり、その人たちの中で1人の女性が笑い顔の染みを見つけたが他の人は見つけられなかった。その後その笑い顔の染みを見つけた女性は死んでしまったと言う話。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://an.to/spot/006/


http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/hataketonnel.html

畑トンネル 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

畑トンネル  関連動画

 






正丸峠





所在地情報


正丸峠(しょうまるとうげ)は、埼玉県飯能市と秩父郡横瀬町の境界にある峠。峠の標高は636m。奥武蔵にある峠の一つである。


概要


かつてはこの峠道が国道299号線であったが、1982年(昭和57年)3月の正丸トンネルの開通とともに国道はトンネルに変更された。峠道は現在も通年通行可能である。峠道は一部狭いところがあり、完全舗装はされているが、やや路面が荒れている。東側は国道299号正丸トンネル正丸側出口(正丸駅付近)、西側は県道53号線に接続する。峠からは奥武蔵の山々を望むことができる。峠には茶店がある。

西武秩父線も、正丸駅-芦ヶ久保駅間の正丸トンネルでこの峠近傍の地下を通過しており、トンネル内には交換設備として正丸トンネル信号所が存在している。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E4%B8%B8%E5%B3%A0


心霊情報


道路下の山中に、2004年頃から頻繁に犬の死体が捨てられる状態が続いている(2010年4月8日現在、180体以上の骸を回収)。2010年、飯能市役所や警察立ち会いの元に実況検分が行われ、4月7日、埼玉県内の動物葬祭業経営の男が廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕された。


その他にも心霊スポットとして有名だが、内容については関連ブログにて確認してもらいたい。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://ghosts.s87.xrea.com/nightview/syoumaru.htm


http://www.ryusuidou.com/sinrei/saitama/syou/1.html

正丸峠 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

正丸峠  関連動画

 






JR西千葉駅前の祟り木





所在地情報


西千葉駅(にしちばえき)は、千葉県千葉市中央区春日二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線の駅である。


概要


JR総武線西千葉駅ロータリーにある、呪われた松の木。そして、ロータリー一角にある西千葉稲荷大明神。


その様な地区に、何やら祟りの松の木が存在するらしい。

この祟りの松の木や西千葉稲荷大明神は、旧佐倉藩の刑場跡とも謂われている。その松の木は、罪人を弔う意味で植えられたとも謂われているのだが・・・

その後、周辺地域の都市化整備に伴い、松の木などを伐採、あるいは移植しようと作業に掛かると、当事者は不可解な死を遂げるなどの怪奇現象が襲ったとの噂がある。松の木を伐採せず、そのまま残したとも謂われている。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%91%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB


心霊情報


刑場だったといわれているが、実際はさらし場だったらしいです。


松の木を切ると祟られると言われてました。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.occult-web.com/walk/kanto/chiba/chiba09.html


http://www.roji-ura.com/spot/spot_chiba.html

JR西千葉駅前の祟り木 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示


八幡の藪知らず





所在地情報


八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず)は、千葉県市川市八幡にある森の通称。


概要


古くから禁足地(入ってはならない場所)とされており、「足を踏み入れると二度と出てこられなくなる」という神隠しの伝承とともに有名である。市川市が設けた解説板には「不知八幡森(しらずやわたのもり)」と記されており、ほかに「不知森(しらずもり)」「不知藪(しらずやぶ)」とも称される。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E3%81%AE%E8%97%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A


心霊情報


「この藪に足を踏み入れると二度と出てこられなくなる」という伝承は、後述するように由来には諸説あるが少なくとも江戸時代から当地で語り継がれており、藪の周りは柵で囲まれ人が入れないようになっている。街道に面して小さな社殿が設けられており、その横には「八幡不知森(やわたしらずのもり)」と記された安政4年(1857年)伊勢屋宇兵衛1 建立の石碑がある。この社殿は凹状となった藪囲いの外側にあり、社殿の敷地に立ち入って参拝をしたのち無事に出て来ることができる。古くから伝わる伝承の他にも、藪の竹を切ろうとした者が大怪我をしたり、変死してしまったという噂もある。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/yahatanoyabusirazu.html


http://www.roji-ura.com/reports/yahata.html

八幡の藪知らず 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

八幡の藪知らず  関連動画

 






雄蛇ヶ池





所在地情報


雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)とは、千葉県東金市にある人工池である。元々は江戸時代干害対策として周辺の村を救う為に作られたものである。


概要


近年はバスフィッシングの名所として全国区となり、ルアーフィッシング全盛期には関東各地からバサーが車で押し寄せて来た。 一時池の水を全て抜いたのでバスはしばらくの間姿を見せなくなったが、その後復活した。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E3%81%AE%E8%97%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A


心霊情報


雄蛇ヶ池は心霊スポットとしても有名で、女性のすすり泣く声がどこからともなく聞こえてきたり、笑い声が聞こえてくるなどの報告例がある。 かつて『とんねるずのみなさんのおかげです』において「宜保タカ子と行く心霊バスツアー第2弾(91.12.26)」と題したロケが行われ、怪しい気配を感じたとんねるずが「お~じゃがじゃがじゃが~、おじゃがいけ!!」(『おじゃまんが山田くん』アイキャッチのパロディ)というギャグで恐怖を紛らわす一幕があった。
また『進め!電波少年』において「心霊写真1,000枚勝負(92.8.9)」と題したロケが行われ、松村邦洋がお祓いなしで写真を撮影したが、一枚も心霊写真はなかった。 押尾学も肝試しで訪れ、女性の霊を見たと告白している。

その一方、散歩道の脇に身を潜めやすい藪や窪地が多いため、犯罪の多発するスポットとしても知られ、心霊・犯罪の両面をもつ恐怖スポットとなっている。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/ojagaike.html


http://www.roji-ura.com/reports/ojagaike.html

雄蛇ヶ池 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

雄蛇ヶ池  関連動画

 






一本杉(日立市)





所在地情報


一本杉(いっぽんすぎ)茨城県日立市宮田町の茨城県道36号線にある杉の木であり、心霊スポットのひとつでもある。


概要


一本杉と言う名の通り、一本の杉であり、県道36号線の道の真ん中に生えている。この杉の木は樹齢約450年であり、「昔は三本杉であった」や、「二本杉であった」などどちらが本当か分からない。そして、一本になった理由は「工事会社によって切られた」や「暴風雨によって倒れた」等これも様々である。「本山の一本杉」として日立市指定天然記念物にも指定され、神木としても奉られている。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%9C%AC%E6%9D%89_%28%E6%97%A5%E7%AB%8B%E5%B8%82%29


心霊情報


杉を切った、もしくは切ろうとした人に怪我・病・事故で死んでしまったり等、災いが起こる。「元は二本杉であった」話では、人によって様々だが、元々杉が2本あって、邪魔で工事会社の人が切ろうとした、もしくは切ったら、その後に、なぞの病、もしくは事故により死んでしまうと言う話。この他にもこのような話があるが、どの話が本当かは不明。車線を逆走したら事故にあってしまう。この話はそこまで派生した話は無い。この話もまた、本当かどうかは不明。この一本杉付近では昔よく事故が起こっていたが、前述したように神木として奉ったら、事故は減少したと言う。また、この付近では日立鉱山病院(跡)など心霊スポット(それに準ずるもの)が多く、何らかの関連があるという説もある。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/hitatinoiponsugi.html


http://www002.upp.so-net.ne.jp/sada_brain/smr/mt_ibaraki/ipponsugi.htm

一本杉 (日立市) 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

一本杉 (日立市)  関連動画

 







Page: 1 < 2 < 3 < 4  次の10件>>
TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0