心霊スポット百選では、日本全国の心霊スポット、怖い話、都市伝説、幽霊物件などの情報を集めています

道了堂跡





所在地情報


道了堂跡(どうりょうどうあと)とは八王子市鑓水の現在の大塚山公園内にあった絹の道(神奈川往還)に関係する文化財である。


概要


1874年(明治7年)に鑓水商人が浅草花川戸から道了尊を勧請したことが始まりである。1875年(明治8年)には道了堂が建立され絹の道の中継地として栄えたものの1908年(明治41年)に横浜鉄道(現JR横浜線)が開通すると絹の道が衰退していき1983年(昭和58年)に解体されている。階段を上ったところにある二基の灯籠は1890年(明治23年)に作られている。

出典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E4%BA%86%E5%A0%82%E8%B7%A1


心霊情報


昭和38年お堂を守っていた老婆が、堂内で精神異常者にメッタ刺しにされ惨殺されるという事件が起き、このころから老婆の啜り泣く声が聞こえる等の心霊現象が噂され始めた。
昭和48年には立教大学の教授が愛人関係にあった教え子の女子大生を殺害し、堂の近くに遺棄するという事件が起きた。 事件当時、遺体が発見される前から、堂の周辺で女子大生の姿が度々目撃され、あまりに多い目撃証言から警察が付近を捜索したところ、遺体が発見された。



関連ブログ


関連ブログは、当心霊スポットに関する情報を扱っているブログ、サイトを紹介するものです

http://www.tanteifile.com/onryo/onryo_map/map/tokyo/48.html


http://rn.oricon.co.jp/special/hayari/tekuteku/20080819.php

道了堂跡 地図

 


より大きな地図で 日本の心霊スポット を表示

 

道了堂跡  関連動画

 






コメントをどうぞ。ご存知の心霊関連情報がありましたら、どうぞ投稿してください。






画像の中に見える文字を入力してください。

TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0